2018年版 らっきょうの醤油漬け

今年は、らっきょうの醤油漬けも作っていました。

いつものやり方と大して変わりませんが、一応画像を撮ってあるので、作成手順を書いてみます。

まずは、らっきょうを洗って皮をむき、上下を落とし、洗いらっきょうにします。

洗いらっきょうをジップロックに入れて……

今回は、これを使います。

割烹白だし。既製品のおだしです。

これを、らっきょうの上から入れます。

量は、まったくもって適当です。雰囲気です。
ただ、メインの調味料は醤油なので、あまり入れすぎないように、とは思いました。(後に、入れるならもっと入れたら良かったな、と思う結果になりました)

この上から、さらに醤油を加えます。

醤油の量も適当です。なんとなくらっきょう全体が漬かるくらい、の感じです。

この状態で、ジップロックの口をしっかり閉めて、冷蔵庫に入れます。
これを、漬けた日の一週間後に味見したら、ちょうど良い加減になっていました。


だしの味はしましたが、入れ方が中途半端だったようで、「だしの味は、あっても無くてもいいかな~」という感想を持ちました。これなら、いっそ入れなくても良かったです。それか、「だしのうまさで食おう」と思うなら、もっと多く入れるべきでした。

この醤油漬けは、漬けて一週間くらいが、一番美味しいタイミングでした。
醤油漬けは、味噌漬けよりも早く味が滲みていって、あまり長く置くと、どんどんしょっぱくなってしまいます。今年は、うっかり「しょっぱすぎ」になるまで置いてしまいました。それを消費しようとした方法を、次の記事でアップします。