ラッキョウ入り焼きそば

今年のラッキョウは、「味噌漬け少な目」「その他の料理多目」にしようと思っています。理由は、ここ何年も、味噌漬けラッキョウを年内に消費しきれていないからです。
年を越して、深く漬かった味噌ラッキョウも嫌いじゃないので、別にたくさん作ってもいいと言えば良いんですけど、一度、「極少」にして様子を見ようかと思います。

というわけで、今年のラッキョウシーズン最初の記事は「焼きそば」です。

思いっきり「残り物整理風味」でスミマセン……。

ラッキョウと、ソーセージと、シメジとねぎを入れ、塩ダレでいためた焼きそばです。
ラッキョウは、ねぎのように刻んで入れてしまっても良いのだと思いますが、私は「ラッキョウ感」が大きいほうが好きなので、縦に2つ割くらいに切って入れています。

ラッキョウやきそばは、うまいです。炒めると、独特の辛味は少なくなり、むしろ食べやすい「普通の野菜」になると思います。ねぎが嫌いじゃない人なら、何の違和感もなく食べられると思います。

今年はこんなカンジに、毎日の料理に普通にラッキョウを使っていく方向にする予定です。
参考までに、使ったラッキョウの情報を書いておきますと、一袋(少な目の一袋、重さは計りませんでした)280円の鹿児島産ラッキョウでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。