ラッキョウのゴルゴンゾーラチーズ焼き

2016年3月16日

ラッキョウの、洋風の食べ方を開拓しようと思い、冷蔵庫にあったゴルゴンゾーラチーズと組み合わせてみることにしました。強烈な組み合わせのようですが、ラッキョウなんてエシャロットの親戚なのですから、そんなにおかしな発想ではないと思います。
以下、私がてきとーに作った作り方です。

【1】ラッキョウを洗って上下を落としたものをざるに入れ、その上から熱湯を回しかける(要するに、ざっと加熱する)

【2】1のラッキョウを、焼き皿に並べる
ラッキョウのゴルゴンゾーラチーズ焼き
(ものすごくおいしいかどうか自信がなかったので、大量には作りませんでした)

【3】ゴルゴンゾーラチーズのソースを作る。
生クリーム適量を鍋に入れて弱火で温め、ゴルゴンゾーラチーズ適量を溶かす(完全に、台所の事情とその場の気分による適当な分量です)

【4】3を、2のラッキョウの上にかける。

【5】4の焼き皿をオーブンに入れ、焦げ目が付くまで加熱(私はオーブントースターモードで、15分くらい焼きました)。

出来上がりはこうなります。
↓ ↓ ↓
ラッキョウのゴルゴンゾーラチーズ焼き
もうちょっと、焦げ目を付けても良かったと思います。
しかし、これが実に大当たりでして、うまかった! ラッキョウとゴルゴンゾーラが、両方イケる人なら、おいしいと言ってもらえると思います。
ゴルゴンゾーラとラッキョウが合わなかったら困ると思い、少しソースの量を控えめにしたのですが、結果的にはソースたっぷりの方が良かったように思います。
しかしこれは、ご飯のお供にするのは難しいです。酒のつまみにはバッチリです。

ラッキョウも、洋物とあわせると、完全に洋風になるものですね。私は、よく鶏肉・きのこ・エシャロットに溶けるチーズをかけたものをホイルで包み、オーブンでじっくり焼いたホイル焼きを作るのですが、今度エシャロットの代わりにラッキョウを使ってみようと思います。