2012年版 生姜の味噌漬け

2016年5月16日

今年も、生姜の味噌漬けを作っていましたが、画像アップするのをサボっていました。
実際に漬けたのは、7月7日です。

新ショウガを買ってきて……
新しょうが

洗い……
新しょうが

切り分け……
新しょうが

白味噌で漬けました。
白味噌

私は、生姜もラッキョウも、赤味噌多目で漬けるのが好きなので、今まで「白味噌オンリー」で漬けたことがないことに気付き、今年は試しにトライしてみることにしました。

ジップロックに、白味噌と切り分けた生姜を入れて、よく馴染ませます。
生姜の味噌漬け

↑このまま、冷蔵庫に入れ、後は数日待つのみ。
白味噌は甘いので、いつもより長めに漬けなきゃいけないかなあと思いまして、とりあえず三日放置しました。例年、翌日か翌々日には生姜から水が出てきて、「食べられそう」な雰囲気になるので、それよりも一日くらい長く漬けようという作戦です。漬けすぎるとしょっぱくなってしまうので、一週間も放置するような冒険はできませんでした。
まあ、いずれにしろ、一かけだしてみて、味見して「もう少し漬けよう」と思ったら、もっと長く寝かせればいいわけで、とにかく三日目を待って、話はそれから、という感じでした。

で、三日目に出してみた生姜の様子がこれです。
生姜の味噌漬け

これは絶対的に甘いだろうなあと思って試食したら、味噌の味が完全に足りませんでした。
一応、しなっとしてきているけど、味噌がほとんどしみ込んでいない感じです。これは、三日とか一週間とか、そんなレベルではないな、「何週間」の単位で寝かせよう、と思いました。

一週間おきくらいに、ちょっとずつ味見して、やっと「今が漬かり頃」と思えたのは、なんと8月3日でして、ほぼ一ヶ月かかりました。
生姜の味噌漬け
↑これ、漬かり頃の画像ですけど、味噌を洗わずに食べる方が、甘味も風味もあっておいしいと思い、味噌付きのまま切ってあります。
赤味噌で同様にすると、絶対に塩辛くて食べられないので、うちでこんな食べ方をしたのは初めてです。

結論としては、白味噌も、独自の味わいで良いことは良いのですが、やはり自分には赤味噌で漬けたものの方が合うと思いました。来年は、赤味噌で漬けることになるでしょう。