納豆パスタ+味噌漬けらっきょう(出汁無し・ひき割り)

2018年8月22日

前の記事に続き、ひき割り納豆で「納豆パスタ+味噌漬けらっきょう」をやってみました。今度は、「出汁無し」です。

うちの、「出汁無し納豆パスタ」のやり方で(作り方は、こちらの記事にすごく簡単に書いてあります)、まずは納豆を、ご飯にかける納豆みたいに作ってしまいます。

↑これを、ゆでてバターをからめたパスタの上にのせ、更に味噌漬けらっきょうのスライスを仕上げに振るだけです。

私は、納豆パスタを作るときには、基本的には何らかのオイルをパスタにからめます。バターの場合もあれば、マーガリンの場合もあり、オリーブオイル、グレープシードオイル、ごま油なども、そのときの気分によって使います。(何となくオイルをからめたくないときには、使用しないこともありますが)

らっきょうを乗せる納豆パスタの場合、私はどうもマーガリンくらいがいいように思います。これは、好みの問題なのだろうと思うのですが、どうも、バターかマーガリンを使って、まろやかさを出すほうがいいように思うのです。そして、あまり風味の良いバターまでは使わず、マーガリンくらいが心地良いです。

バターか、マーガリンかを比べて、「マーガリンの方が良い」と思うことって、あまり無いと思うんですけど(マーガリンって、悪く言うと「偽バター」ですよね)。こればっかりは、なぜかマーガリンが良い、と思います。