グレープフルーツのローズコンポート

2018年8月17日

ローズ飲料「飲むバラ」をばゲットしました。

こういうのは、なんと言えば良いのでしょうか。バラのジュースとでも申しましょうか。実は、同じ商品のもっと容量の少ないものをかつて買ったことがあって、記事にしています→ローズ飲料 飲むバラ

今回ゲットしたのは、人様から頂戴したものです。私は、よく「バラの飲み物」「バラの食い物」のことを話したりするので、「こういうの、好きですよね」と思ってくださったのでしょうが、本当のことを言えば(すべてのバラ記事にも書いているんですが)、私は「バラの飲み物」「バラの食い物」が、基本的には好きじゃないのです。
好きじゃないけど、せっかくいただきましたので、もちろん無駄にはしません。

↓ピンボケですみません。

「飲むバラ」の500ミリパックを見て、正直私はどうしようかと思いました。だって、半量の250ミリのときでさえ、飲みきるのに三日かかったのですから。
そこで、今回は「飲むバラ」としては、ほんの一口だけ頂戴し、あとは何か別の方法で消費しようと決めました。

小さなグラスに、ほんのちょっとだけ「飲むバラ」を入れまして……

ワインのテイスティングみたいに一口、口にふくみ、
「あ、飲むバラさんお久しぶり」
とご挨拶。変わらぬバラの香りと、甘酸っぱいお味です。一口くらいだと、まあまあ良いもんだなと思ったりしました。

500ミリから「ほんの一口分」を引いた量で、何をしようかと考えたところ、たまたま家にグレープフルーツがあったので、
「飲むバラでグレープフルーツを煮て、コンポートにしてやろう」
と思いつきました。
フルーツのコンポートって、色々な作り方があります。どのくらい加熱するのか、風味付けに何を入れるのかなど、各家庭で違うようなものだと思います。
私は、フルーツのコンポートというのは、「困るほどフルーツをもらってしまったとき」くらいしか作りませんが、それでも年に2~3回は作ります。しかし、グレープフルーツのコンポートは、今までに作ったことが無かったかもしれません。同じかんきつ類の中では、オレンジ・夏みかんなどのコンポートなら作るので、まあ大体それと同じ感じで作っていくことにしました。

グレープフルーツの使用量は3個。

こいつの外皮を剥き……

さらに、一口大に切り分けます。

グレープフルーツを切り分ける作業は、本当は手で一つ一つの果肉を房から出したほうが良いことは分かっているのです。そのほうが、圧倒的に食べやすいですからね。
しかし、グレープフルーツ三個分を、ぜんぶ手剥きする気力が無かったので、包丁でぱっぱと切ってしまいました。

グレープフルーツがスタンバイOKになったら、「飲むバラ」を火にかけます。

残してもしょうがないので、全部をなべに入れました。

「飲むバラ」に砂糖を加え、沸騰させます。

加える砂糖をどれくらいにするのか、ちょっと悩みました。
出来上がりの味の想像があまりできなかったので、「とんでもなくまずくなった場合」に備え、ちょいと砂糖多めで逃げ道を作っておいた方が良いんじゃないかと思ったり……。
でも、結局はいつもの自分の量よりも、「ほんの気持ち多め」くらいで手をうちました。

「沸騰させる」というのも、実は悩みまして。
もしかしたら、煮立てたらバラの香りが全部飛んでしまうかもしれないと思ったからです。
しかし、そうなったとしても、ただの「甘酸っぱく煮たグレープフルーツのコンポート」として食えないことも無かろうと思い(バラの香りが飛んだほうが、私には食べやすいかもしれないのです)、結局はぐつぐつと煮立ててやることにしました。

「飲むバラ」が煮立ったら、グレープフルーツを投入。

どれくらい加熱するかも迷いましたが、「バラをしっかり含ませる」感じにしようと思い、「さっと煮立てる」よりも長めに煮ました。

加熱によって、グレープフルーツの色味が少し変わったかな、というところまで煮ました。(そんなに長時間ではないです。てゆーか、時間計っとけ、って話ですね)
↓こんな感じになったところで火を止めました。

↓一房取り出してみると、こんな感じ。

いや~、煮ている間中、家の中がローズとグレープフルーツの香りでいっぱいでした。
アロマオイルや、ルームスプレーの香りだと、あまりにも強く香りすぎるといやになってくるものですけど、フレッシュのグレープフルーツの香りが入っているせいか、「うんざりする香り」にはなりませんでした。ローズの香りも強かったですけど、トータルでさわやかな香りになってました。あれは実に良かったです。

さて、似あがったコンポートは、器に入れて荒熱を取り、その後冷蔵庫で冷やしました。

↑わりときれいな色に仕上がりました。
煮立てたら無くなってしまうのではないかと思った「ローズ香」は、しっかりと残っています。でも、冷蔵庫で冷やしているうちに飛んじゃった……ということも有りうるだろうなあと思っていました。

はい、数時間後、よく冷えた「グレープフルーツのローズ風味コンポート」にご対面しました。

いやこれがね、うまかったですね。
予想を超えてうまかったです。ローズの風味がふわっと残っているのも良かったです。初めて、バラの食い物で「これうまいなあ」と思いました。
フレッシュに近いグレープフルーツの食感・さわやかさに、ローズがうまく乗っかった感じです。

多分、甘みとか酸味の加減が、思いのほかうまくいっちゃったのだと思います。自分で作ったフルーツコンポートの歴史の中で、ダントツに一番うまかったです。
完全に雰囲気で入れた砂糖の量とか、グレープフルーツそのものの味とか、そういう要因でできた「ダントツ一位」だと思うので、もう一回「飲むバラ」でグレープフルーツのコンポートを作ったとて、こううまくはできないかもしれません。でも、あまりにもうまかったので、もう一回くらいやってみるかも。