島らっきょうのフリッターを作ってみた

2016年1月19日

近所のスーパー(ちょっと高いんだけど、非常に優秀なスーパーです)で、島らっきょうを見つけました。

パック売りの島らっきょう
長っ細い画像ですみません。。。

この島らっきょうは、1パックに、10個くらい入っていました。お値段は、398円。普通のらっきょうよりも、エシャロットよりも、もっと高い! これは……たまの贅沢のときの料理にしよう。

さて、この島らっきょうを、まずは洗うことにします。
↓ ↓ ↓
島らっきょうを洗う

そして、きれいに洗いあがり、一皮剥いたものがこちら。
↓ ↓ ↓
洗った島らっきょう

うまそうです。上下に包丁を入れ、あとは調理するばかり。

調理方法は、こちらのページ→島らっきょうの食べ方のお世話になりました。
自分でアレンジは加えず、紹介されているとおりに、忠実に作ってみました。
ちゃんと、めんどくさがらずにベーキングパウダーも買ってきて、衣を作りました。
衣をくぐらせている画像はこちら。
↓ ↓ ↓
島らっきょうのフリッター作成中

これを揚げて、熱いうちにレモンをたらして食べました。本当は、シークワーサーで食べたかったですが、それは入手できませんでした。

ぅおっと。画像撮影をせずに、とっとと食べ始めてしまいました。
これが完成品です。
↓ ↓ ↓
島らっきょうのフリッター

味は、何に似ているかといわれれば、やはりエシャロットに似ています。しかし、もっとまろやかというか、繊細な味わいのように思います。
フリッターも気に入りましたが、炒め物に加えたり、ほかにも色々試したいです。それには、もうちょっと値段が安くなってくれないとイタイのですが……。

※7月になってから書いておりますが、実際にこの料理を作ったのは5月25日のことです。よって、現在は島らっきょうの季節ではありません。紛らわしいupの仕方でもうしわけありません。