しょうがを漬け込んだ味噌

2016年1月21日

自家製:しょうがの味噌漬けの記事の、最後に「やってみよう」と書いた、「しょうがを漬け込んでいた味噌をお料理に使う」ことを、試してみました。

私がお客様のときによく作る料理で、米なすの和風グラタン、と称しているものがあります。
これは、米なすを二つに割ってくりぬき、刻んだナスの実の部分と、貝の小柱を、味噌だれであえて(季節によってはたけのことか、銀杏を入れることもある)、ナスの皮にもどし、オーブンで焼いて作ります。
実は、吉兆で出て来たお料理を、勝手に作り方を推理してコピーしたものです。

この「ナスの和風グラタン」に使う味噌だれに、しょうがを漬け込んだ後のお味噌を使ってみました。

思ったほど、生姜の風味が味噌にうつっているわけではありませんでした。「そういわれれば、しょうがの香りがするかな?」という程度でした。
味噌におろししょうがを混ぜた方が、かえってしょうがの香りが強いと思います。
しかし、なぜか、味噌が非常にまろやかになっていました。
ただの味噌よりも、優しい味です。
最後まで、お料理に使ってきっちり消費したいと思います。