黄水仙

日本水仙と同じ方法で、黄水仙もポプリにできます。

この黄水仙も、とても良い香りがしました。
水仙の香りはポプリにするとあまり残らないのですけど、良香には違いありません。

水仙は、花首から切って、丸ごと乾かします。大型の水仙でも、同じように乾かします。

↑紙の上に並べて乾かします。この段階では、まだとても良い香りがしています。しかし、1週間くらいこうして乾かしていくうちに、香りはどんどん薄れていきます。

↑完全に乾きあがった状態です。香りは、ほんの少し残っています。
色は、とてもよく残り、形からも一見して「水仙だ」とわかるので、季節感たっぷりです。
そして、完全に気のせいなのですが、「水仙だ」とわかると、実は水仙以外の花を香りのメインにしているポプリなのに、「水仙の良い香り!」と言い出す人が絶対にいます。これは、かなり高確率で存在するのです。

つまり、実質色どり用の素材でも、香りに貢献することは可能だ、ということであり、大切に乾かして加えることには意味がある、ということでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です