生け花に使った梅の枝です。

いけばな作品を作るときには、切り落とす小枝などが出ます。そういうところについていて、ゴミになるしかない花を、もったいないので集めてポプリにすることにしました。

↑花の首から切り落とします。花弁をばらしてしまうと、とても小さく縮んでしまうので、花を丸ごと乾かします。

この梅は、さわやかに甘く、とても良い香りでした。このままの香りが残ったらいいのにな……と思いながら乾かしました。

意外に早く、4日くらいで乾きました。

乾いた梅の香りは、さわやかさが消えて甘さだけ残った感じになりました。強香とは言えませんが、十分に良香の素材として使えます。
見た目がもう少し良ければいいとも思いましたが、想定の範囲内なので、まあ良しとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です