シトラススティックポプリ

柑橘類の皮を長く剥き、長いスティック状のまま器に立ててポプリにします。簡単に作りたい人向けです。

熟成させない即席ポプリですので、じっくり熟成させる本格派が好みの人には物足りないかもしれません。

柑橘類の皮を長く剥いて乾かす

柑橘類の皮のスタンダードな剥き方は、果皮を小さく削ぐようにするのですが、このポプリはリンゴをむくように皮を長く剥いて乾かします。
どの柑橘類を選ぶのかは、好みです。私はオレンジと、

オレンジ

グレープフルーツの皮を使いました。

ルビーグレープフルーツ

どちらも、なるべく長く剥いて乾かします。乾かしている最中に、あまり曲がってしまいそうになったら、手でまっすぐに直してやると、スラっと立つスティック状になります。が、自然に乾いたうねうねした形の方が良ければ、特に整形は必要ありません。

果皮を、器に立てるように入れる

乾いた果皮を立てられるような容器を用意します。私は、下のような空き瓶を使いました。

空き瓶の口元のスクリューを、ラフィアとハート形のオレンジの皮で隠しています。

私は、今回は立てて飾ろうとしているので、上のような容器を選びましたが、立てなくても良いなら、どんな形の容器でも、好みのもので良いです。

実際に果皮を立てたのが下の画像です。

私はルームフレグランススティックみたいにしようと思ったので、瓶の口から飛び出すように入れていますが、瓶の中におさめるようにしても良いです。
私は果皮を整形せずに乾かしたので、だいぶうねうねと波打っています。私はこれくらいが自然で好きなのでこうしましたが、もっと本物のフレグランススティックに近づけようと思ったら、果皮を乾かすときにピーンとするくらい引っ張っておくと良いです。

好みでエッセンシャルオイルを入れる

柑橘類の皮だけなので、柑橘香だけでも十分良い香りです。たまに、皮の端っこの方を折ったりすると、香りが薄れたものも再度香ります。

エッセンシャルオイルを入れるなら、使った材料のオイルが一番なじみが良い(私の場合なら、オレンジオイルとグレープフルーツオイル)です。しかし、別の柑橘香のオイル、例えばレモングラスオイルなどを加えても、柑橘香であれば違和感はありません。

オイルを入れるか入れないかは、完全に好みの問題です。
私は個人的には、最初はオイルを加えず、少したって何か香りを足したい気持ちが出てきたら、果皮の先端部分に好みのオイルを1滴だけ落とす、というようにすることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です