ラベンダー

既製品のポプリ用ラベンダー

珍しく既製品のドライラベンダーを買ってみました。

なんとなく白っぽいように感じます(画像のせいではなく実物も白っぽいです)。もっと紫の濃いドライラベンダーの方がよかったなあと、買ってから思いました。

香りは、まさにラベンダーらしい香りです。主材料として活用します。

ラベンダーは、可能であれば自分で乾かして自作したいです。そのためにはフレッシュなラベンダーを入手しなければなりません。
ラベンダーの切り花は、シーズンであれば入手は可能です。あまりたくさんではありませんが、切り花として流通はしています。また、鉢で育てるつもりがあるなら、鉢花で買えます。
なので、花屋で切り花(少ないですが)か鉢で買うか、北海道旅行やハーブ園などに行って切り花か鉢で買う、などの方法でフレッシュなラベンダーを入手し、丸のままドライフラワーとして乾かしたり、花だけ取って乾かしたりすればポプリ材料に作れます。

私が買った既製品のように、出来上がりが30グラムも欲しいのであれば、シーズンに大きな花束で入手し、色も形も良いうちにドライにするのが良いと思いますが、たぶん、結構なお金が必要になります。
そう考えると、ちょっとつまらないですけど、既製品のドライラベンダーを買う方が、安くつくことにはなると思います。

既製品ドライフラワーのラベンダー

私は、たまに花資材屋で買ったドライフラワーのラベンダーを使ってリースなどの仕立てをすることがあります。その時に、良い香りのラベンダーに当たると、それをポプリにも流用します。というか、買うときに、ポプリにも流用できるように、良い香り・色のものを選ぶことが多いです。

上の画像のようなドライフラワーラベンダーを、穂のままで使うこともありますが、私は「ドライフラワーとして扱ったときに、ポロポロ落ちてくる花を拾っておいて使う」ことが多いです。
ドライフラワーのラベンダーは、扱っている最中に、下の画像のようにいくらかの花がこぼれてくるものです。

↑このくらいの量は、買ってきて包装を開けたときにもパラパラ落ちてきます。リース作りなどしていると、もっと落ちてきます。これを捨てるのがあまりにも勿体ないので、拾い集めて瓶にでも入れて保管し、ある程度たまったらポプリに使っています。

ラベンダーの使い方や香りの効果

  • 相性の良い材料(花)……バラ、ムスクマロウ、水仙スミレデルフィニウム
  • 相性の良い材料(ハーブ)……レモンヴァーベナ、ローズゼラニウム、ユーカリ、ミント、ローズマリー、セージ、バジル、ローリエ、タイム、レモンバーム、ワームウッド、サザンウッド
  • 相性の良い材料(スパイス)……シナモン、クローブ
  • 相性の良い材料(保留剤)……安息香
  • 相性の良い材料(オイル)……ラベンダーオイル
  • ラベンダー香の効果……虫よけになる、精神を安定させる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です